室温シミュレーター

Characteristic / Function

室温シミュレーター

外気温と建物内における1日の室温変化がわかります。

建物をひとつの箱としてみなして動的計算を行うことで、外気温と建物内における1日の室温変化がグラフ表示される
プログラムです。

躯体の断熱性能、開口部面積、ガラスの仕様、窓周りの付属部材、通風性能、蓄熱性能といったパッシブデザインの要素によって
室温がどのように変化するかが瞬時にわかることで、パッシブデザインの効果が明確にわかります。

主な入力項目

  • 省エネ地域区分
  • 建物の振りと部屋の位置
  • Q値(数値の直接入力・断熱レベルからの自動計算)
  • 床面積と床面積当たりの熱容量
  • 方位面ごとの開口部の面積と仕様と付属部材など各部位入力で自動計算
  • 生活熱量スケジュール
  • 暖房スケジュール
  • 冷房スケジュール
  • 夏・冬の深夜0時の室温

主な出力項目

  • 省エネ地域区分の代表地点の外気温及び日射量に基づく、冬晴れの代表日における1日の室温/冬曇りの代表日における1日の室温/夏晴れの代表日における1日の室温/夏曇りの代表日における1日の室温

特長

パッシブデザインの主要な設計項目である断熱、日射遮蔽、日射熱取得、熱容量、開口部面積の内容によって室温がどのように変化するかを見ることができます。
パッシブデザイン導入としての位置づけ、実際の設計に直結するための位置づけとして極めて有効なプログラムです。

外皮性能計算プログラム(Thermal-C)に保存したデータを引用することで、ほとんど入力することなく室温グラフが描けます。

出力イメージ

その他の機能

資料請求・お申込み、お問い合わせ

092-406-8685

(平日 10:00~17:00)

ページの先頭へ
Page Top