光熱費計算プログラム

Characteristic / Function

光熱費計算プログラム

平成25年、平成28年省エネ基準のWEBプログラムの結果から光熱費を計算します。

平成25年または、平成28年省エネ基準のWEBプログラムの結果を入力することで、年間光熱費が計算できるプログラムです。
またWEBプログラムでは「その他」となっている家電とコンロについてはWEBプログラム上では具体的な設定ができず、
しかもとくに家電はその種類によって光熱費に大きな影響を与えることから、主要な家電を個別に入力して評価するルートを設けて
います。

主な入力項目

  • H25年または、H28年省エネ基準WEBプログラムでの一次エネルギー消費量 算出結果
  • 主要家電の電力消費量
  • 二次エネルギー種別(木質バイオマスも含む)
  • 二次エネルギーの単価
  • 太陽光発電、コージェネレーションの発電量
  • 売電単価
  • ローン情報やメンテナンス費用

主な出力項目

  • 用途別/二次エネルギー別の年間光熱費
  • 売電も考慮した年間光熱費合計
  • イニシャル(建築費・太陽光設置費)・ランニング(光熱費・メンテナンス費)を含めた『生涯コスト』の収支比較

特長

光熱費はエネルギーの種類により大きく変化します。薪ストーブ、木質ペレットも評価し、主たる居室とその他の居室でエネルギーの種類が違う場合もすべて計算できます。また、その他となっている家電やコンロなどを個別に入力するルートを設け、実際の光熱費に近づけるように配慮しています。

生涯コストシミュレーションでは、太陽光発電を設置した場合としない場合の収支比較ができ、ゼロエネにするために必要な追加費用に対して、増額されるローン返済額と売電価格を含めた光熱費の合計(生涯コスト)を算出し、ゼロエネにしない場合とどちらがお得かを比較できます。

出力イメージ

その他の機能

資料請求・お申込み、お問い合わせ

092-406-8685

(平日 10:00~17:00)

ページの先頭へ
Page Top