ご相談はコチラ

#外皮性能計算 #窓

『自己適合宣言書』での窓の計算(LIXIL製品の場合)

今回は、外皮性能計算の結果を大きく左右する窓の『自己適合宣言書』での
計算についてご紹介します。
「データを探したり、入力するのが少し面倒」と思われるかもしれませんが、
この計算方法を使うだけでHEAT20 G1だった計算結果がG2になることもあり得ます。
また、より実態に近い結果を得ることができます。
ぜひ試してみてくださいね。

■LIXIL製品の場合
1.インターネットで「LIXIL 自己適合宣言書」と検索します。

2.一番上に表示される「木造用 開口部(平成28年省エネルギー基準対応) – LIXIL ・・・を
クリックします。

3.このようなページが表示されるので、②【サッシ】試験値・計算値(代表試験体)をクリックします。

4.下にスクロールして、使用するサッシを見つけたら、その右にある「熱貫流率・日射熱取得率 性能一覧」のPDFをクリックして開きます。サッシの開き形状によっても違うのでお間違いのないように。

5.このような表が表示されます。上から順に「中空層の仕様」「一般ガラスか防犯ガラスか」「透明ガラスか型ガラスか」「ガラスの厚み」「Low-E色」を選択していくと、A~Eの記号が読み取れます。

今回は
中空層:アルゴンガス入り
ガラス:一般ガラス・透明ガラス
ガラス厚:3mm
Low-E色:クリア
を選定しました。その結果、記号は「A」となります。

記号が読み取れたら、下にある<表1>熱貫流率のAの欄にある熱貫流率の数値を拾います。
「遮蔽物なし」の場合は1.66と読み取れました。

また日射熱取得率の数値は水色で示した「クリア」の欄にある0.47を読み取ります。

この表は印刷して、選定した熱貫流率や日射熱取得率の数値にマーキングしておくことをおすすめします。(申請に使う場合に添付書類として必要になります)

6.Energy ZOOの入力画面で窓の「手動設定」ボタンをクリックします。
(まとめて作成やまとめて修正の場合も同様に「手動設定」をクリックして下さい。)

7.先程表から拾った熱貫流率と日射熱取得率の数値を入力します。

※ガラスの種類:Low-Eガラスの場合は「その他」になります。
※ガラスの区分:Thermal-Cのマニュアルをご覧ください。

これで自己適合宣言書の数値の入力ができました。

次回はYKK AP製品の調べ方・入力の方法と、
最終的なUA値がどれだけ変わるかをご紹介します。